PFCバランスとは? 食事から摂取するカロリーの割合を意識しよう!

PFCバランスについて コラム
スポンサーリンク

効率よくダイエットやボディメイクを進めるうえで知っておきたいのがPFCバランスについて。

PFCバランスって何??

カロリー計算とか面倒くさそう!!

なんて思う方も多いかも知れませんが、

少し意識するだけでダイエットやボディメイクの進み方がぜんぜん違います!!

今回はPFCバランスとカロリーについて紹介していきます。

 

理想のPFCバランスとカロリー計算をダイエットやボディメイクに取り入れよう!!

難しそうなイメージのあるPFCバランスの管理。

完璧にこなそうと思うとさすがに難しいですがある程度理解しているだけで色々と気を付けることが出来て、

ダイエットやボディメイクを加速させることが出来ます。

知っておきたいPFCバランスについて。

 

PFCバランスとは?

PFCバランスについて

そもそもPFCとはいったい何の事なのでしょう?

英語だと難しく感じますが答えは簡単で三大栄養素である、

Protein =タンパク質

Fat=脂質

Carbohydrate=炭水化物 

の頭文字をとったものがPFCと呼ばれています。

 

そして食事から摂取するカロリーの量をどの栄養素からどれだけの割合で摂取するかということを、

PFCバランス

と呼びます。

 

なぜこのPFCバランスを意識する必要があるかと言うと、

筋肉を付けたい増量時や脂肪を落としたい減量時にはそれぞれ最適なPFCバランスがあるんです。

増量時もやみくもみ食べて無駄に脂肪を増やすのではなく効率的に筋肉を付けれるPFCバランスの食事をしていくことで余計な脂肪を付けることを防ぐことが出来ます。

 

PFCそれぞれのカロリー

PFCバランスを考えるにはまずそれぞれの栄養素のカロリーを知っておかなければなりません。

 

それぞれ1g中に含まれるカロリーは、

タンパク質 4kcal

脂質 9kcal

炭水化物 4kcal

となっています。

 

実際の食事のPFCバランスの例

納豆の持つダイエット効果

グリが毎朝食べている納豆ご飯のPFCバランスを見てみましょう。

 

納豆1パック(約50g)

タンパク質 8g

脂質 5g

炭水化物 6g

 

卵1個

タンパク質 7g

脂質 6g

炭水化物 0g

 

白米(1膳約160gで計算)

タンパク質 4g

脂質 0.5g

炭水化物 60g

 

納豆卵ご飯のPFCバランス

タンパク質 19g=76kcal

脂質 11.5g=103.5kcal

炭水化物 66g=264kcal

なので、

納豆卵ご飯のPFCバランスは3:4:10くらいとなります。

一般的な健康志向の方のPFCバランスでしたらこれで良いと思いますが、

ボディメイクするうえではタンパク質量が少ないのでグリは+豆腐の味噌汁でタンパク質を補うようにしています。

 

理想のPFCバランス

ダイエットやボディメイク理想的なPFCバランスは、

4:2:4

と言われています。

やはり脂質は常に抑えめにすることで余計な脂肪がつかないようにしたいですね。

 

そしてタンパク質と同じくらいに重要なのが炭水化物です。

炭水化物は脂肪に繋がるイメージを持っていて安易に炭水化物を抜く方もいますが単純に炭水化物を抜くよりはしっかりとコントロールした方が脂肪の減少にも効果的です。

もちろん筋肉を増やしたい時期には炭水化物も重要ですし食べ過ぎはNGですがしっかりとコントロールしていきましょう!

 

まとめ

やみくもに炭水化物を抜くような安易な食事制限は効果的でないですし、

せっかくダイエットやボディメイクを頑張るなら食事のPFCバランスも少し意識することで余計な脂質を摂らないように心がけたいですね!!

やはりダイエットやボディメイクの基本は、

高たんぱくで低カロリー。

タンパク質はしっかりと摂りながら炭水化物はちょっとだけセーブして脂質の少ない食事を心がけましょう!!

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました